FC2ブログ

熱球三十年

昭和9年に書かれた「熱球三十年」は飛田穂洲の名著です。

大正期の早稲田大学を中心に、当時の野球事情が理解できます。

その中で、久慈次郎、永野重次郎、久保田偵など盛岡中学出身者が書かれています。

八戸中学出身の大下常吉も努力の人として描かれています。

早稲田には進みませんが、明治大学に進んだ我が福岡中学の戸来誠も紹介していただきました。

特に、久慈次郎の記述が多く、本当に愛すべき人物だったようです。

書かれている内容は、とても興味深い物でしたが、言い回しや表現が現代とは微妙に違って、読むのに苦労しました。

数年後に読み返したら、また新たな発見がありそうです。

https://airinjuku.jp/

DSC_0005[1]

「BIGLOBEモバイル」でスマホ通信費を節約!?

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
まもなく還暦を迎えます。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR