FC2ブログ

応援旗の変遷 2

母校の旧制福岡中学の象徴は、やっぱり「H」の旗でしょうか。

現在では、応援旗というと「団旗」を表すようですが、本来は別のものです。

昭和2年夏の甲子園で、母校野球部は優勝した高松商業と大接戦を演じて、飛田穂洲氏の名文で全国にその名が広まりました。

福岡なのに、FではなくHのユニフォームは、東北ではユニフォームまでも訛ると話題になったと言われます。

その野球部の活躍とともにHの応援旗を採用するようになります。

97960554_2940674299349176_8965083269292883968_n.jpg

昭和14年頃には、「福中」の応援旗が登場します。Hの旗も同時に使用されました。

98270908_2940683932681546_4422142231117299712_o.jpg

戦後は、まず「福中」で復活となりました。

https://airinjuku.jp/
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR