FC2ブログ

記事一覧

バイク 友達 草千里

高校2年、多感な年頃である。
何に対しても反感をし、疑問を抱き、悩み、そしてわけもなく楽しい時代だった。

当時、隣町の高校に在学していた私は下宿生活を送っていた。
当然のごとく仲間の溜まり場となる。夏休みも終わりに近づいたある日に悪友共が集まった。
美味くもないタバコ(たしかハイライトだったと思うが)を吸いながら、
BGMにレッドツエッペリンの「ロックンロール」が流れていた日曜日のことだった。

友達の一人がバイク雑誌を持ってきていた。
それを何気なく見ていると、九州の草千里でオートバイとライダーを写す企画が目に入った。
やってきたライダー全員を写した写真集を出すらしい。
頭の中に閃光が走った。次の瞬間「これに行って来る」と叫んでいた。

出発は次の日の朝。所持金は2万円+悪友がカンパしてくれた8000円。
誰から聞いたのか同級生の女の子も激励に駆けつけた。
「阿蘇のお土産待ってるね」
男とは馬鹿なもので、女の子からのそんな言葉で勇気づけられるものだ。

どう考えても無謀なのである。所持金はガソリン代だけで消えそうだ。
しかも、夏休みはあと3日で終わる。
それでも出発した。同行のパートナーはスズキGT380。

国道4号をひたすら南下する。その日の夜には福島県の郡山付近まで走った。
今と違ってコンビニなど無い時代である。ドライブインに入り「ライス」だけを注文した。
それを持ってきていたタッパーに入れ、ボンカレーをエンジンに張りつけて何キロか走る。
まるで片岡義男の世界を気取っている。
宿は当時の常識でバス停の待合小屋。そこで暖まったボンカレーで夕食。

事件は次の日の朝に起こった。GT380の鍵を無くしたのである。
何とか配線に細工をし、俗に言う直結で出発した。この事件でかなり気が滅入っていた。
昼頃に宇都宮付近で休息を取った。直結した配線を切っておくのを忘れていた。
バッテリーが上がった。愛車は動かなくなった。
どれぐらいその場で休んだのだろう。通りがかりのライダーが声をかけてくれた。
そして近くの、近くといっても20kmぐらい離れたバイク店まで乗せてくれた。
バッテリーを購入して戻った。バッテリーをつなぐとGT380のエンジンは復活した。
日が暮れ始めていた。この時に「草千里」へ行くことを完全に諦めた。
それからはひたすら北へ向かって走った。夏休み最後の日の深夜に下宿に戻った。

「進む事も大切だけど、戻る勇気も必要だ」と友達の誰かが言った。
「無事に帰らなければ全てが終わりだ」ともいってくれた。
その言葉で気が晴れた。

何ヶ月か後に写真集が発売された。
予想どおり、「風の匂い、雨のメロディー、風景の躍動感、ライダーの憂鬱、時代の共感」を感じる写真集だった。
その写真集は今でも僕の宝物だ。

https://airinjuku.jp/

hokkaido-64.jpg
スポンサーサイト



コメント

草千里

日本一周したとき、初めての、草千里は、靄がかかり、なかなか
幻想的でありました、もう一度行ければ、青空の下を走りたいですね。😸

生きてるうちに行きたいですね。自転車の体力をつけています。

GT380懐かしい~
僕が高校生の頃の愛車でした。中古でやっと買いました。


浜風さん、同世代ですね。
いつかGT380を語りましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者の足跡

プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
まもなく還暦を迎えます。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: