FC2ブログ

岡山の山羽虎夫

戦前から国産自動車の歴史などを調査した尾崎政久氏の、「日本自動車史」によれば、明治37年に、国産蒸気自動車を製作した、岡山の山羽虎夫が、明治42年の夏にオートバイを完成したとの記述があります。

尾崎氏に寄れば、山羽虎夫は、蒸気自動車の製造は続けなかったが、自動車への感心は持ち続けた。明治40年、岡山市で行われた、アメリカ人のオートバイ試乗を見た山羽虎夫は、ガソリンエンジン製作を思い立った。協力者として、海軍レンズなどで有名な、坂本鑿四郎氏の協力で、明治41年試作車を完成した。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント